KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

自宅の外壁の痛みが気になっている皆さん!外壁リフォームの流れについてご紹介

マイホームオーナーの皆さん、外壁の痛みが気になりだしていませんか。
外壁リフォームを行う際には異なる工法があり、それぞれの流れは違ったものになります。
外壁の修繕を検討される際も、工程の流れを理解しておけばより迅速にリフォームの計画を立てられるでしょう。
今回は外壁リフォームの流れについてご紹介します。

 

 

□外壁リフォームではじめにすること

 

まずは現在マイホームに使用されている壁材の種類とその状態を点検します。
状態が悪くなければカバー工法を行えますが、思っていたより痛んでいる場合は新しいものと取り替える必要があるので、この工程でどのような形で外壁リフォームを行うかを確認します。
まずはここでどの選択肢が候補となりえるのかを業者さんに相談しましょう。

次にひび割れが起きていたり、凍害などでダメージを受けたりしている壁の部分の補修計画を立てます。
現存の壁を取り外さない場合は、ここで問題箇所の修復に取り掛かります。

 

 

□方法別の流れについて

 

上記のステップを完了した後の流れは、選択する工法によって変わってきます。
それではそれぞれのステップを確認していきましょう。

 

*塗り替え工法の場合について

 

まずは塗り替え工法を選択した場合についてです。
はじめに作業をするための足場の設置を行った後、前のステップで確認したダメージ部分の修繕にあたります。
それが完了次第、現存の壁の下地処理を行ってから、塗料を塗っていきます。

 

*張り替え工法の場合日ついて

 

次に張り替え工法の場合についてです。
足場の設置を終えると、次に既存の壁の取り外しにかかります。
その際に家の柱や地下などの点検を行い、問題があった場合は修復作業を行います。
普段見えない場所の点検も同時に行えるのは嬉しいですよね。
最後にサイディング、新しい壁を取り付けて全工程が完了となります。

 

*カバー工法の場合について

 

カバー工法を行う場合も、既存の壁をそのまま使うので、まずは問題箇所の修理を行います。
次の下地加工までは塗り替え工法と同じですが、最後のステップはサイディングの施工となります。

それぞれの工法の共通点と異なる点を理解しておくと、プランの選択時にも比較をしやすくなるでしょう。

 

 

□まとめ

 

以上、外壁リフォームの流れについてご紹介しました。
それぞれの工程の流れをご確認の上、自宅の外壁の状態と合わせて適格なプランを選択してくださいね。
これらの工法の流れ以外にも、外壁リフォームについて疑問点等ございましたら、お気軽に当社までご相談ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください