KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

放置は厳禁!外壁のダメージを放置しておくリスクについてご紹介します

マイホームオーナーの皆さん、自宅の外壁に問題はありませんか。
多少の汚れや小さなヒビ割れ程度なら気付いていても、そのままにしているかもしれません。
しかし、外壁のメンテナンスを怠ることは思いもよらない事態に陥ってしまう原因になります。
今回は外壁のダメージを放置することのリスクについてご紹介します。

 

 

□外壁のメンテナンスを怠ることのリスクについて

 

外壁のダメージは主に太陽光や雨水に長期間さらされることによって起こります。
日々、普通に生活しているだけでも汚れは蓄積していきますし、地震や台風などが起きれば劣化のスピードは加速するでしょう。
よって定期的な外壁の点検を行う必要があるのですが、それを怠った場合、以下のようなリスクが生まれます。

 

*家の外観が悪化する上、修理費が高くなる

 

外壁は家の印象を大きく左右します。
よって外壁のダメージを放置しておいては、近隣住民などからの評価も下がってしまうでしょう。
また来客時などにも信用を落としかねません。

さらにダメージ箇所を長期間放置するほど他のエリアへのダメージが広がり、結果的に修繕費が高くなります。
よってダメージ部分が小さくても放置しないようにしましょう。
小さなひび割れを見逃さないことも大事ですが、目に見えるダメージが外壁に現れた場合は、事態が深刻化する前に早めに手を打ちましょう。

 

*家が水浸しになる

 

外壁は雨水から家を守ってくれます。
しかし、その外壁にヒビが入ったり、隙間から雨水が入り込んで被害が拡大したりすれば外壁の防水効果が失われて、雨漏りすることになります。
そうなると家事道具や家の内部の設備等にも被害が及びかねません。

事前のメンテナンス等で発見できればよいですが、雨漏りが発生した場合は早急に業者に連絡して、対策を講じましょう。

 

*シロアリの被害に遭いやすくなる

 

木造建築住宅や、外壁に木材を使用している場合、外壁の損傷を放置しておくとそこからさらに雨水が染み込んで、壁材の腐敗が進みます。
そうなってしまうとシロアリの被害にも遭いやすくなります。
木造住宅にお住みの方は、特にシロアリ対策を徹底しましょう。

 

 

□まとめ

 

以上、外壁のダメージを放置しておくリスクについてご紹介しました。
日頃から外壁の状態に気を配ることも重要ですが、確認しにくい部分もあるので、定期的に専門業者に外壁の検査依頼をされるとよいでしょう。
この他にも外壁についての心配や相談などがございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください