KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁を金属サイディングにリフォームしたい方へ!メンテナンス方法をご紹介します!

金属サイディングは凍害に強く、耐熱性にも優れていて寒冷地に特にオススメの外壁ですね。
では、実際にこれを外壁に用いる時に必要なメンテナンスは何なのでしょうか。
今回は金属サイディングのメンテナンス方法についてご紹介します。

 

 

□劣化症状とメンテナンス方法とは

 

外壁は時の経過に伴い劣化してしまいますよね。
新築から3年から8年の間で外壁の光沢が減って色あせ、変色が発生します。
これは、外壁自体の性能には問題がないので、メンテナンスの必要はありません。
しかし、大体8年目以降、チョーキング現象や白サビが発生してしまうので外壁塗装をする必要があります。
金属サイディングに外壁塗装をするのがオススメのタイミングは、他の外壁材とほぼ同じと言えるでしょう。

金属サイディングで最も注意していただきたいのは、外壁につく傷です。
この外壁に用いられる金属の素材は鉄で、メッキ処理が施されることで耐久性能が生まれています。
しかし、もし壁にものをぶつけてしまった場合や、何らかの原因で傷がついた場合、メッキ処理が剥がれてそこからサビが発生してしまいます。
サビは一ヶ所発生すると広い範囲に広がってしまう可能性があるので、早急に業者に頼んでメンテナンスするようにしましょう。

 

 

□日常的に劣化を防ぐ方法とは

 

メンテナンスが必要な目安についてご説明しましたが、やはりきれいな外壁をできるだけ長く保ちたいですよね。
そのために、日常的に劣化を防ぐ方法が2点あるので、ご紹介します。

 

*日常的に外壁をチェックすること

 

これは少し面倒かもしれませんが、とても大切なポイントです。
日常的に外壁に問題がないかを確認することで、気付かなかった小さな傷を発見して、サビを防ぐことができます。
サイディングの凹みやチョーキング現象の発生を素早く見つけるためにも、とても重要なポイントですね。

 

*気になる汚れを洗浄すること

 

サイディングの汚れが気になる場合、ホースの水と柔らかくて刺激の弱いスポンジで洗浄することをオススメします。
家庭用高圧洗浄機でも、水圧が強すぎてサイディングが崩れてしまう可能性があるため、利用は控えた方が良いです。
上から下に向かってホースの水をかけて、特に気になるところには中性洗剤を使って汚れを落としましょう。
洗浄後はしっかりと水で洗い流して、洗剤による変色やサビを防ぐことも忘れないでくださいね。

 

 

□まとめ

 

金属サイディングのメンテナンスについてお分かりいただけましたか。
こだわって選んだ外壁を長くきれいに保つためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください