KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市にお住まいの方へ!寒さを防ぐ窓の構造を解説します!

寒さの厳しい札幌市では、内窓を設置する方が非常に多いです。
そのため、まだ設置されていない方は非常に興味を持たれるはずです。
今回は防寒の効果のある窓の構造について解説します。

 

 

□なぜ二重に窓を設置することが良いのか

 

二重の窓、いわゆる内窓を設置するご家庭が多いのはなぜでしょうか。
その理由は、家の熱が一番逃げているのは窓からだからです。
実に48パーセントの熱が窓から逃げていることはとても驚きですし、そこから逃げる熱を減らすことで家の暖かさを保てることがよく分かります。
さらに、内窓を設置することで結露の発生も防ぐことができます。
結露が発生すると、湿気の高い場所を好むダニやカビが発生してしまい、健康被害が出てしてしまいますよね。
結露を防止することは家族の健康のためにも非常に大事なポイントです。

断熱効果を求めるために窓枠ごと交換することもできますが、大掛かりな工事なので費用が高くなりがちです。
大掛かりな工事になるため時間もかかって大変ですよね。
また、既存の窓枠の上に新たに窓枠をかぶせるカバー工法を行うこともできますが、既存の枠にかぶせるためどうしても窓が小さくなってしまいます。
窓が小さくなると採光がしにくくなり圧迫感も増すため、デメリットが多いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

内窓設置は低予算で行えますし、耐熱性能に加えて防犯効果も期待できます。
以上の理由から内窓を設置することをオススメします。

 

 

□寒冷地の内窓にはプラメイクがオススメです

 

内窓の良さがわかったところで、寒冷地の内窓として「プラメイク」を使用することをオススメします。

プラメイクには断熱性があり、気密性が高いです。
冬は外の寒さを遮断できますし、暖房の効果を守ってくれるため、電気代ガス代の節約にもなりますよ。
さらに、プラメイクは熱伝導率の低い樹脂のサッシなので、アルミ製の他の内窓と比較しても断熱効果が高いです。
さらに、窓1か所あたり約1時間で設置することができるため工事がそこまで気にならなくて済むのも嬉しいポイントですよね。

もちろん、他の内窓と同じように防音性も高くて防犯にもなるため、とてもオススメできます。
さらに、窓枠やカラーにもバリエーションがあり、部屋の雰囲気に合わせて設置することもできます。

 

 

□まとめ

 

内窓を設置することの重要性が分かったでしょうか。
さらに、今回ご紹介したプラメイクは寒冷地に適した内窓のため非常にオススメです。
内窓設置をご検討の方はぜひ参考にしてみてくださいね。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください