KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

金属サイディングのメリットとデメリットとは?札幌の業者が解説します

金属サイディングという外壁材はご存知でしょうか。
これは、特に寒い地域で人気の金属でできた外壁材を言います。
しかし、金属サイディングにもメリットとデメリットがあります。
これらを詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
そこで本記事では、金属サイディングのメリットとデメリットについて紹介します。

 

 

□金属サイディングのメリットについて

 

金属サイディングは、金属板に断熱材が打たれた外壁材です。
そのため、断熱効果に優れています。
断熱効果がある外壁は、外からの冷たい空気を家の中にあまり侵入させません。
この効果により、家の中の気温は一定に保たれ、暖房代などの節約もできます。

さらに、金属サイディングは金属板が貼られているため、寒い空気だけでなく水も侵入させません。
これによって、凍害を防げます。
凍害とは、寒い地域で起こる外壁劣化のことで、建物内に侵入した水分が気温によって凍結と融解を繰り返し、外壁のひび割れや剥がれが起こるのです。

そのため、特に寒い地域にお住いで凍害にお悩みの方は金属サイディングの外壁がおすすめでしょう。

また、金属サイディングはとても軽い素材でできています。
そのため、金属サイディングを外壁に使用すると住宅全体の質量を抑えられるでしょう。
質量が小さいと、柱や梁などへの負担を減らせます。
柱や梁などへの負担が軽減されることで、地震による影響をあまり受けなくなり、耐震性が向上するのです。

 

 

□金属サイディングのデメリット

 

これまでは金属サイディングのメリットについて紹介してきました。
しかし、金属サイディングにはデメリットもあります。
そこで、ここでは金属サイディングのデメリットについて紹介しましょう。
金属サイディングは表面が金属板のため、どうしても錆びてしまいます。
特に雨が多い地域や酸性雨の降る地域ではサビができてしまう可能性が高いです。

また、雨などの気候による影響だけでなく、塗料の劣化が原因で錆びてしまうこともあります。
時間が経つにつれて塗料の効果が下がってくるとどうしても錆びてしまうでしょう。
サビが目立ってくると、初めはおしゃれだった外観も汚くなってしまったということもあるので注意が必要です。

さらに、金属サイディングの外壁はメンテナンスが面倒という点もあります。
金属サイディングはサビが原因で劣化していきます。
そのため、メンテナンスの際にサビの原因となる傷や水の侵入に注意しながら行わなければなりません。

また、メンテナンスの頻度も半年に1回や3か月に1回くらい行った方が長持ちするのでおすすめしますが、皆さんにとって結構な負担になるのではないでしょうか。

 

 

□まとめ

 

本記事では、金属サイディングのメリットとデメリットについて紹介しました。
金属サイディングにはデメリットがいくつかありますが、それをカバーするメリットも多くあります。
特に寒い地域にお住いの方は、断熱効果や凍害防止に繋がるのでおすすめです。
皆さんも金属サイディングの外壁にしてみてはいかがでしょうか。”


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください