KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

外壁リフォームをお考えの方におすすめ!乾式タイルとは?札幌の業者が説明します!

皆さんは乾式タイルをご存知ですか。
名前は聞いたことあるけど、正直どのようなものなのか分からないという方も多いと思います。
そこで今回は、札幌市で外壁リフォームを行っている当社が乾式タイルについて詳しく紹介しましょう。

 

 

□乾式タイルとは

 

乾式タイルとはどのようなものなのでしょうか。
乾式タイルとは、外壁にタイルを貼る際に、乾式工法という工事方法を取る場合を言います。
そのため、「乾式タイル」という外壁用タイルはありません。
これは、施工方法のことを指しているのです。

また、乾式工法とは別に湿式工法という方法もあります。
乾式工法は比較的新しい工法で、湿式工法の方が古くから行われてきました。
湿式工法では、モルタルという砂とセメントと水でできたものを使用してタイルを貼りつけていきますが、乾式工法ではそれを使わずに接着剤でタイルを貼りつけます。
乾式タイルではモルタルを使わない分、施工期間があまりかかりません。

また、乾式タイルはサイディングの上から貼りつけます。
サイディングはとても多くの外壁に使われていますが、劣化しやすいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、これはサイディングが外の出ているからであり、上からタイルを貼りつける乾式タイルでは心配ありません。

そのため、長く使い続けることができるでしょう。

 

 

□乾式タイルのメリットとデメリットについて

 

✳︎乾式タイルのメリットについて

 

先ほども紹介したように、乾式タイルは施工期間があまりかかりません。
モルタルには水が含まれているため、モルタルが乾燥するまでの時間が必要であったり、天気に左右されたりしてしまいます。

それに比べて乾式タイルは乾燥時間が必要なく天気もあまり関係ないので施工が早く進むのです。
また、乾式タイルは湿式タイルと違いモルタルではなく接着剤を使用するので、住宅全体の質量が大きくなりません。
質量が小さければ、柱などへの負担が減るため耐震向上にも繋がります。

さらに、湿式工法では貼りつけ方など、職人の腕によって出来上がりにばらつきが出る可能性があります。
それに比べて乾式工法は、材料自体が均一なものを使用するので出来上がりも均一になりやすいでしょう。

 

✳︎乾式タイルのデメリットについて

 

反対に、誰がやっても同じようなできになる乾式タイルは、職人による技術のすごさや味が出にくいです。
そのため、周りの住宅と似たような外壁になってしまいます。
周りと同じありきたりな住宅が嫌な方は、湿式工法で職人さんに注文する方がおすすめでしょう。

また、少し費用の面がかかってきてしまいます。
乾式タイルの中にも引っ掛けと接着の2種類があり、特に引っ掛けの場合は高額です。
乾式タイルで予算をなるべく抑えたい方は接着を選ぶと良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、乾式タイルについて紹介しました。
外壁タイルは、丈夫で見た目も豪華なのでとてもおすすめです。
特に乾式タイルは最近の技術で多くのメリットがあります。
本記事が皆さんの参考になると嬉しいです。 “


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください