KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市の業者が解説!外壁の老朽化を見極めるポイントとメンテナンスの必要性

皆さんは自宅の外壁をきちんとメンテナンスしていますか。
正直、いつメンテナンスをしたらいいか分からないという方やメンテナンスの必要性をあまり感じないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁の老朽化を見極めるポイントやメンテナンスの必要性について紹介します。

 

 

□外壁の老朽化を見極めるポイントについて

 

外壁の老朽化はさまざまな種類があります。
その種類によって症状の重さが違うので知っておくようにしましょう。
比較的軽度の劣化の中には、光沢の減少があります。
使用した塗料の種類にもよりますが、艶感のある塗料を使用していた場合、以前に比べて光沢がなくなったと感じたら劣化が始まっている証拠です。

しかし、光沢がなくなったとしてもすぐにメンテナンスが必要というわけではありません。
ただ、光沢の低下とともに外壁の劣化は進行するので、もう少ししたらメンテナンスが必要かもしれないということは頭に入れておくようにしましょう。

光沢の減少がさらに進行すると、チョーキング現象というものが起きます。
皆さんは、外壁を手で触った時、粉が手についた経験はありませんか。
これがまさにチョーキング現象です。
チョーキング現象は、長い間紫外線を受け続けることによって起きる塗料の劣化現象を言います。

この現象が起きていると、塗料の防水機能や保護機能が低下している合図なので、メンテナンスを行うと良いでしょう。

チョーキング現象をさらに放置すると、塗料の浮きや剥がれが起こります。
これは、塗料の密着力が低下し、家本体から剥がれ落ちてしまっている状態です。
普段は家を塗料でコーティングしているので、紫外線や雨が家に直接当たりません。
しかし、浮きや剥がれが起きると、家はむき出しになるので守ってくれるものがなくなります。

そのため、浮きや剥がれが起きている場合は直ちにメンテナンスをしましょう。

 

 

□メンテナンスの必要性について

 

外壁は家をさまざまなものから守ってくれています。
紫外線や水、熱など、外には家に対して多くの敵がいるのです。
特に、塗料の防水機能が低下し、家の中まで水が入り込むと木材を腐らせたり鉄筋を劣化させたりします。

また、水はカビや汚れの原因にもなるでしょう。
そのため、塗料の防水機能がなくなると家の見た目まで低下させてしまいます。
家の劣化を防ぎ、長く綺麗に住み続けるためにはメンテナンスが必要不可欠なのです。

さらに、予算を削るためといってメンテナンスの頻度を抑えてもいけません。
外壁のメンテナンスをサボることにより、外壁塗装よりも大掛かりな工事が必要になる場合があります。
そうなると、メンテナンスの比じゃない工事費が必要です。
そのため、外壁のメンテナンスはきちんとサボらず定期的に行うようにしましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁の老朽化を見極めるポイントやメンテナンスの必要性について紹介しました。
外壁は家を守ってくれている大切なものです。
皆さんも定期的なメンテナンスを行って、丈夫で綺麗な家に長く住み続けましょう。 “


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください