KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌の業者が解説!金属サイディングのメリットとデメリットは?

札幌市で外壁リフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
そんな方にオススメしたいのが金属サイディングです。

しかし、
「金属サイディングって何?」
と思った方もきっと多いのではないでしょうか。
そこで今回は金属サイディングのメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

□金属サイディングのメリットとは?

 

まず1つ目は、リフォームに適している点です。
金属サイディングはとても軽いため、古い外壁材の上にサイディングを重ねる「外壁カバー工法」というリフォームができます。
ここが金属サイディングの大きな強みでしょう。

古くからある建物は、外壁に小さなヒビといった劣化の症状が出ている場合や、建物自体にゆがみが生じている場合が多いです。
そのため、外壁塗装だけではすべての箇所をキレイにするのは難しいでしょう。
その際、外壁カバー工法を行うことで外壁全体を綺麗にリフォームできるのです。

2つ目は、メンテナンスの周期が長い点です。
ほとんどの金属サイディングは、耐候性の高いフッ素塗料が使われており、基本的にすべて色あせにくく、頑丈な製品となっています。

そのため、他のサイディングと比べて水のしみ込みやひび割れが起こりにくく、メンテナンスの周期が長くなるでしょう。

3つ目は、断熱性に優れている点です。
金属サイディングの内側には、硬貨プラスチックフォームというものが裏打ちされており、断熱性に優れています。

この硬貨プラスチックフォームとは、気泡の集合体のことであり、その中に熱を閉じ込めてしまうのです。
そのため、外の気温が家の中に影響しにくく、室内を一定の温度に保ちやすくなるのです。

 

 

□デメリットにもご注意!

 

金属サイディングにはメリットだけでなく、もちろんデメリットあるため注意しましょう。

まず1つ目は、サビが発生しやすいことです。
もともと、金属はサビが発生しやすい素材であるため、金属サイディングも例外なくサビが発生しやすいのです。

そのため、10年から15年ほど経つと塗装の劣化によってサビが出てきてしまいます。
特に、梅雨の季節や雨の多い地域ではサビが早めに出てきてしまう可能性が高いでしょう。

他にも、金属サイディングのデメリットとして、デザインが限られてしまう点もあります。
金属サイディングは既存のデザインの中からしか選べない場合が多いです。
工場で生産されているため、外壁に自由なデザインを施すのが難しいのです。

 

 

□まとめ

 

今回は、金属サイディングのメリットとデメリットをご紹介しました。
金属サイディングにはデメリットがありますが、それ以上に多くのメリットがあります。
外壁リフォームを成功させるために、金属サイディングを選んでみてはいかがでしょうか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください