KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌在住の方必見!凍害にお困りの方で外壁リフォームの方法を紹介!

「外壁リフォームの作り方がわからない。」
「凍害から守るために外壁リフォームを見直したい。」

札幌市在住の方必見、外壁のリフォームを検討している方はいらっしゃいませんか。
凍害が出る場所では外壁のリフォームも変わってきます。
今回は、外壁リフォームについて紹介します。

 

 

□外壁リフォームの重要性について

 

外壁リフォームがどのような役割をしているかわからない人もいらっしゃるでしょう。
そこで外壁リフォームの重要性について解説します。

外壁リフォームが必要な理由は、住まいを守り、外観を美しく保つためです。
外壁を長く良い状態で維持するためには、防水を切らさないためにこまめに点検する必要があるでしょう。
防水が切れた状態でそのままにしておくと、内部が傷みやすく直すための費用が大きくなってしまうのです。
これは、雨水などが内部に侵入し、建物の駆体が大きなダメージを受けるためです。

外壁のチェックポイントとしては、シーリング切れ、ひび割れ、塗装の白亜化、凍害です。
表面塗膜は3〜5年、シーリング材は2〜3年が点検の目安でしょう。

 

 

□外壁リフォームの種類について

 

外壁リフォームにはどんな方法があるかご存じですか。
外壁リフォームには3種類の方法があるので紹介します。

 

1つ目は、塗り替えです。
塗り替えとは、既存壁の上に塗装することを言います。
メンテナンスが多いので長期的にみると高くつきますが、リフォームの初期費用は安価です。

 

2つ目は、張り替えです。
張り替えとは、既存壁を撤去し、サイディングを施工する方法です。
既存壁の撤去費が出ますが、新築同様の見栄えで外観のイメージチェンジができるのが良いでしょう。

 

3つ目は、カバー工法です。
カバー工法とは、既存壁を撤去せずに重ねて、サイディングを施工する方法です。
配管などの交換が必要な場合がありますが、廃材が少なく地球に優しい方法です。
また、外観のイメージチェンジができるのはもちろん、遮音効果も期待ができるでしょう。

自分のおうちに合った外壁リフォームの種類を選択することで、おうちの雰囲気が違ったおうちを楽しめるので良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁リフォームの方法を紹介しました。
外壁リフォームをする重要性は住まいを守り、外観を美しく保つためです。
また、外壁リフォームには塗り替え、張り替え、カバー工法の3種類の方法があります。
この記事を参考に外壁リフォームについて考えてみてはいかがですか。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください