KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市にお住まいの方に外壁が老朽化したときのメンテナンスを紹介!

外壁の老朽化をみてどうしようか考えている方にとってネックなのが何をすれば良いかだと思います。
大抵の場合はメンテナンスをすることで良くなります。
札幌市にお住まいの方でリフォームについて考えている方はいらっしゃいませんか。
今回は外壁の老朽化を見極めるポイントとメンテナンスの必要性を説明します。

 

 

□外壁の老朽化を見極めるポイントについて

 

外壁の役割には、大切な家を守ることと耐久性を保ち続けることがあります。
外壁があることによって家の劣化を防いでくれたり、水分による浸食を防いでくれたりします。
外壁の老朽化を見極めるポイントは4つあります。

 

1つ目は、カビ、こけ、汚れです。
外壁の塗料が薄くなってくると、防水力が落ちてきたり、汚れがつきやすくなったりします。
特にカビやこけは取れにくくなるので重要な見極めのポイントとなってくるでしょう。

 

2つ目は、色あせです。
もともとの色より色があせてきたと感じたら外壁リフォームを検討しても良いでしょう。
色があせてくるということは外壁の塗料が薄くなってきたというサインです。

 

3つ目は、手に白い粉がつくかです。
手に白い粉がつくのはチョーキング現象というもので、塗料が劣化したときに起こります。
この場合は早急に対処が必要になります。

 

4つ目は、ひび割れの状態です。
ひび割れも重要な見極めポイントのひとつです。
ひび割れにより雨水が浸入してカビの原因になるでしょう。
この場合も早めの対処をしましょう。

 

 

□外壁のメンテナンスの重要性について

 

外壁のメンテナンスはとても重要なことです。
なぜなら最悪の場合、住むことができないくらい劣化してしまうからです。
目に見える老朽化を知っておくことも重要でしょう。
しかしながら、目に見えない部分でも老朽化は始まっているのです。

外壁の塗装は防水が一番の目的となっています。
この防水の機能を発揮してくれなければ、おうちの根幹である部分を全てダメにしてしまいます。

リフォームにはお金がかかるのは当たり前のことですよね。
しかし、それを節約といって怠っていると大きな損害をもたらします。
だから、メンテナンスをしておくことは重要なのです。

 

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁の老朽化を見極めるポイントとメンテナンスの必要性を説明しました。
外壁の老朽化を見極めることができれば、いつ対策を取れば良いかわかります。
それにより、メンテナンスをする時期もわかってくるでしょう。
今回の記事を、外壁が老朽化しているかを見極める際にお役立てください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください