KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市にお住まいの方必見!玄関フードについて

北海道にお住まいの方は、「玄関フード」についてご存じでしょうか。
寒い地域では、2重になっている玄関を見かけることも多いでしょう。
玄関フードとはその扉を覆っているものを指し、暖かい空気を逃がさないために設置するのですが、効果はそれだけではありません。
そこで今回は、玄関フードについて解説します。

□玄関フードって何?

玄関フードとは、北海道でよく見られる2重になった玄関の外側の部分を指します。
この玄関フードを設置することによって、大きく2つのメリットを受け取れます。
メリット1つ目は、室内の暖かい空気が逃げていかないことです。
通常は、扉の開閉によって室内の暖かい空気が逃げてしまいます。
しかし、この玄関フードがあることによって空気の出入りを制限することで、室内の空気は逃げにくくなるでしょう。
また、玄関が直接外気に触れることを防いで切れるので、玄関から室内の温度が下がることや、玄関が凍って開かなくなることを防ぎます。
メリット2つ目は、除雪道具を玄関フードの中にしまえることです。
玄関フードが必要な地域とは、寒さが厳しく、降雪量が多い地域が主です。
そういった地域では、除雪道具は必須でしょう。
しかし、除雪道具が外においてあるとき、やる気がそがれてしまいます。
そういった場面でも玄関フードがある場合、除雪道具を玄関フードの中に置くことができるので、やる気がそがれることなく始められるでしょう。

 

□いくらなの?

玄関フードは大きく4種類のバリエーションがります。
それぞれ解説するので、ご自宅の現状と比較しながら選びましょう。

 

*I型

玄関のドアが、外壁と比較して奥にある場合に行うタイプの玄関フードです。
この工事は、一つの面に扉を設置するだけなので、比較的安くなります。
おおよそ15万円ほどが相場です。

 

*外付けI型

玄関のドアが、外壁と同じ面にある場合に設置するタイプです。
天井や左右の壁のも追加で設置します。
相場はおおよそ20万円になります。

 

*L型

I型と似ていますが、こちらは工事する面が2つあるパターンです。
相場はおおよそ20万円ほどです。

 

*C型

I型と同じく、扉が奥にあるがその外壁を利用できない場合は、このタイプです。
工事内容が複雑になるので、相場がおおよそ40万円ほどになります。

 

□まとめ

今回は、玄関フードについて解説しました。
玄関フード(風除室)は、寒さから家を守るだけではなく、様々な場面で活躍する設備です。
この設備は、北海道の寒さが強い地域では必須の物でしょう。
この玄関フード以外にもご質問やお問い合わせがある場合は、お気軽にご連絡ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください