KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

凍害対策可能な外壁リフォームはいかがでしょうか

自宅の外壁、凍害や経年劣化に悩まされていないでしょうか。
毎年冬になると気温が下がることによって、外壁が凍結でダメージを受けてはいませんか。
今回はそのような方に向けて、凍害対策可能な外壁リフォーム、金属サイディングについて紹介します。

 

□金属サイディングとは

 

*そもそも凍害とは

凍害とは、寒い地域、日本でいえば冬の時期の北海道や東北地方などで、コンクリートに含まれている水分が凍結・融解を繰り返すことによって、コンクリート表面の塗装が膨張をし、徐々に劣化していくことを言います。
去年まで、綺麗だった外壁が冬を越えると、ボロボロになって剥がれ落ちていたということはよくあるのではないでしょうか。

 

*サイディングとは

サイディングという言葉に聞きなじみのない方もいらっしゃるかもしれません。
サイディングは建築物の外壁に使用する外壁材の一種を指します。
一般的にセメントで作られたもの(窯業サイディング)や、金属製のものがあります。
外壁工事をするうえで、作業を効率化するため、予め工場などで成型された板=サイディングボートを壁に貼ることで、作業をスムーズに進めることができます。

 

*なぜ金属サイディングが凍害に有効なのか

では、なぜ金属サイディングがそのような寒冷地で有効になるのでしょうか。
理由は簡単で、凍害被害を受けやすい外壁、つまり水分を吸収しやすいセメント・砂で作られた外壁材(窯業サイディング)よりも、金属サイディング材のほうが頑丈だからです。
金属系のサイディング材は水分を弾く性質があるため、寒冷地、極寒地では凍害に強い素材として広く使用されています。
たとえ気温が氷点下に下がり続ける日が続いたとしても、金属サイディングをしようすることにより、外壁は凍結することなく、上記のような凍害被害はもう起きないでしょう。
そして、金属サイディングは断熱性にも優れています。
金属サイディングには硬質プラスチックフォームという成分がしようされているため、寒冷地などにおける低温から室内の温度を管理しやすくなるでしょう。
外壁面全てに使用したとしても、金属サイディング材は窯業サイディング材に比べ、素材が軽いため、住居内で重要な基礎部分にも負荷を掛けず、頑丈な住宅を作ることができるので、耐震性にも有効です。

 

□まとめ

凍害対策のための金属サイディングについて紹介させていただきました。
当社では、そのような凍害対策のための金属サイディング材を用いた、外壁リフォームを行っております。
ぜひご相談ください。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください