KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市で外壁リフォームをお考えの方!乾式とは?

札幌市にお住まいで、外壁リフォームをお考えの方に今回知っていただきたいのが、乾式工法についてです。
細かい知識ですが、知っていたら役に立つでしょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。

□乾式工法と湿式工法の違い

外壁材の施工方法で、乾式工法と湿式工法というものがあります。
施工の方法や、質次第で外壁の耐久性は大きく変わるでしょう。

まず、乾式工法とは、接着剤で下地に外壁材を接着させる方法です。
以前は、接着剤の質が悪く、接着しても剥離や落下のリスクがありました。
しかし、近年は、接着剤の質が向上しており、とても丈夫で耐震性も格段に上がっています。
乾式工法は一軒家によく使用されるでしょう。

そして、湿式工法は、外壁材を下地にモルタルで貼り付けていく方法です。
基本的には、職人の手で、一つ一つ貼り付けられるでしょう。
貼り付け方や、使う道具などによって、さらに細かく分類されますが、基本的に職人の手によって行われます。

そのため、湿式工法は乾式工法と比較して、職人の腕によって仕上がりの具合が左右されてしまうでしょう。
また、モルタルは水を使用するため、天候に左右されてしまうというデメリットもあります。
この湿式工法は主に、マンションやビルの大型の建造物で採用される傾向にあります。

□乾式工法のメリットとデメリット

乾式工法がどんなものかわかった方は、メリットとデメリット、それぞれなにがあるか疑問に思うでしょう。
ここでは、乾式工法のメリットとデメリットについて解説します。

まず、1つ目のメリットは、天候に左右されることがなく、工事期間が比較的短い点です。
時期によっては、雨が多かったりするので、天候に左右されないことは重要でしょう。

そして、比較的低価格で安定した品質を確保している点も魅力です。
湿式工法の場合、職人の技量に左右されてしまうので、リスクを感じますよね。

また、都市部で特に、周囲の街並みに馴染みやすい点があります。
乾式工法は比較的最近できた方法です。
最後に、メンテナンス性に優れている点もメリットでしょう。

その一方で、デメリットは、種類はあるが個性が発揮しにくい点があります。
個性的な外壁の雰囲気をお望みの方には向いていないかもしれません。

□まとめ

今回は、乾式工法と湿式工法の違い、メリットやデメリットについて紹介しました。
コストパフォーマンスが良く、出来上がりの質が担保されている点が最も魅力でしょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください