KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市在住の方必見!断熱サッシの構造と相場は?

今回、札幌市在住の方に紹介するのが、断熱サッシについてです。
断熱サッシとは、JISで定められた断熱性のあるサッシのことを指します。
構造や工法、相場などを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

□断熱サッシとは

ご想像の通り、断熱サッシとは断熱性を高めたサッシのことです。
一般的に窓に使用されるサッシはアルミ製であることが多いです。
しかし、アルミの性質上、熱を伝えやすく、サッシの部分から室温が逃げてしまうという欠点があるでしょう。
その欠点をカバーしたものが断熱サッシです。

断熱サッシの構造は、外部と内部を分離して結合させた構造で、熱を遮断する効果があります。
そのため室内の温度低下を防ぐことができるでしょう。
また、熱を伝えにくい樹脂や木材をアルミと組み合わせたり、ペアガラスを採用したりして、より断熱効果を高めたものも多いです。

アルミ製、木製、樹脂製などのサッシがありますが、中でも樹脂製が最も熱を伝えにくいため、寒さの厳しい地域ではよく採用されています。

□断熱サッシの相場

ここでは、断熱サッシにリフォームで変更した時の相場を紹介します。
主に、窓のリフォームには2種類あるでしょう。

1つ目が、既存の窓やサッシの上から断熱サッシをかぶせる、カバー工法です。
これは、簡単な工事で済みますが、上から断熱サッシを被せているため、開口部がひと回り小さくなってしまうでしょう。

そして2つ目が、窓枠ごと交換する、はつり工法です。
この方法であると、窓の周囲を一度壊して、工事に取り掛かるため、規模も比較的大きく、費用も高額になるでしょう。
また、工事期間が2日から3日かかることも想定できます。
そのため、スケジュール的にも調整が必要となってきます。

それぞれの費用に関しては、カバー工法であれば10〜20万円前後するでしょう。
はつり工法の場合は、小窓程度だと10万円〜で、大きい掃き出し窓だと30〜50万円ほどしてきます。

値段が高くなる分、はつり工法はカバー工法よりも断熱性が高く発揮されるため、ご自身の目的や予算に見合ったように選択するのが良いでしょう。
予算だけでなく、実際に大規模な工事が可能であるかも考慮しなければいけません。

□まとめ

今回は、札幌市在住の方に向けて、断熱機能に優れた断熱サッシについて紹介しました。
断熱サッシと言っても、種類があったり、工法の違いがあったりするので、ぜひ検討材料として、参考にしてみて下さい。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください