KNOWLEDGE

リフォームの豆知識

札幌市で外壁リフォーム!老朽化のポイントとメンテナンスについて解説します!

今回は、札幌市にお住まいの方に、外壁の老朽化を見分けるポイントについて解説します。
また状況に伴って、適切なメンテナンスが重要になるでしょう。
老朽化のポイントやメンテナンスの重要さについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

□外壁の老朽化のポイント

一般的に、外壁のメンテナンスは10年を目安に検討するのがいいとされています。
しかし、その物件の立地条件や日の当たり方などによって、老朽化の状況は大きく異なるでしょう。
また、降水量の多い地域や、台風などの自然災害の被害に比較的よくあう地域でも差が出てきますよね。

早めのメンテナンスが必要になることもあるので、外壁の老朽化をご自身で確認することは大切でしょう。
ここでは、外壁の老朽化を見分けるポイントについて解説します。

まずは、変色や退色のチェックです。
変色や退色は外壁が太陽光から影響を受けることによって起こります。
濃い色の外壁ほど熱を吸収するため、紫外線の影響を強く受けているでしょう。
多少の変化であれば、問題ないですが、変色に気付いたら他のサインがないか確認することをお勧めします。

次に、チョーキングです。
チョーキングとは、外壁を手で触った時にチョークのような白い粉がつくことです。
これは、紫外線や水分の刺激で、塗料に含まれる顔料が劣化し粉状になることで発生するでしょう。

そして、コケやカビのチェックです。
風通しや日当たりの悪い場所では、外壁によくコケやカビが発生するでしょう。
日がよく当たる面ではあまり見られなくても、日陰で発生している可能性はあるためよく確認することが大切です。

また、ひび割れも注意するポイントです。
外壁にひびがあると、そこから雨が侵食してしまう可能性があるでしょう。
初めは小さなひび割れでも、放置しておくと広がってしまうため注意が必要です。

また、地震発生後に、建物に力が加えられてひび割れが発生することがあります。
あまり関心が向かないかもしれないですが、地震後は外壁の確認を行うと良いでしょう。

□メンテナンスの重要性

外壁は、家を紫外線や酸性雨、汚れなどの外的要因から保護する役割を果たしています。
老朽化のサインを見逃してしまうと、本来外壁が担っていた役割を果たすことができないだけでなく、建物自体の劣化を進行させることになるでしょう。
そのため、定期的なメンテナンスが重要になります。

□まとめ

今回は、外壁の老朽化を見分けるポイントと、メンテナスの重要性について解説しました。
ぜひ参考にしてみて下さい。


リフォーム事例リフォーム事例

札幌・札幌近郊でリフォームをご検討の方は、
リノベーション株式会社にお気軽に
お問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177

外壁やリフォーム全般 に関してお困りの方はお気軽にお問い合わせください