KNOWLEDGE

リフォームの⾖知識

2019.10.06

リフォームの悪徳業者ってどんな手口を使うの?札幌市の方必見!

こんにちは。リノベーション株式会社です。

 

皆さんはリフォーム業者をどのようにして決めていますか?

 

ネットの口コミ、地元で有名な業者、知人の紹介など様々な決め方があります。

しかし、選び方によっては悪徳業者に引っかかってしまう場合があります。

どの分野の業者にも悪徳業者は存在します。

 

リフォームは高額なので、優良な業者に依頼したいですよね。

そこで今回は、悪徳業者がどのような手口を行うかご紹介していきます。

 

電話をする男性

 

 

悪徳業者の手口

訪問販売による営業

悪徳業者が訪問販売を行う理由として、会社の実態が無いこと、クレームが起きても逃げやすいように会社の存在を分かりにくくしていることなどが理由に挙げられます。

 

もちろん、訪問販売によるリフォーム業者が全て悪徳業者というわけではありませんが、悪徳リフォーム業者の特徴のひとつに訪問販売あるのは事実です。

 

モニター

広告用のモニターになっていただければ安くする、見本工事として通常にはないサービスをお付けします等といって売りつける、モニター商法という手口です。

 

製品の購入動機や施工後の使い勝手を報告してもらうモニターになることを条件に、たくさんのサービスを提供したがる手口も多く見られます。

 

たくさんのサービスは怪しいので疑ってください。

実際は安いどころかむしろ通常より高い費用を請求されるので注意してください。

 

高齢者を狙う手口

高齢者の方々を対象に、介護保険を適用してタダでリフォームができると口にする悪質事業者も目立っています。

専門家に相談してから依頼するリフォーム業者を決めましょう。

 

自作自演をして悪徳工事を行う

本来まだ工事をしなくても良いのに、今すぐしなければ大変なことになると言って契約を迫る手口です。

点検を装って、故意に設備を破壊することもあります。

 

以下のような例が挙げられます。

  1. 実際には雨漏りが起きていないにもかかわらず、霧吹きで天井裏の柱を湿らせて「雨漏りしているので改修が必要だ」といって焦らし、不安を煽り契約するというもの。
  2. 「カビ・湿気が酷いので家が倒れる」などと脅し、不安を募らせ、湿気対策として調湿材と床下換気扇を勧めた後に、不必要なほど大量な調湿材を散布するもの。

 

今回は悪徳業者の手口についてご紹介しました。

これらを参考にして、悪徳業者の手口に引っかからないようにしっかり見極めましょう。

札幌市在住でリフォームをお考えの方、お気軽にリノベーション株式会社までお問い合わせください。

facebook

twitter

line