REFORM MENU

リフォームメニュー

トイレリフォームの
「特設ページ」を見る

トイレリフォームのポイント!

トイレリフォームの際、使う方の目的に合わせて広さや設備を決めていくことが大切です。
ここでは、トイレのサイズの決め方や設置したい設備などについてのポイントをご紹介します。

目的別で決める!最適なトイレのサイズ

最適なサイズは使う方の目的によって異なります。
トイレには必要最低限の設備さえ備わっていればよいという場合、便器と手洗い器が設置されていれば十分でしょう。トイレのサイズは、幅が80cm程度で奥行きが120〜160cm程度の約1畳ほどがあれば十分なスペースを確保できます。
手洗い器には便器と一体化しているタイプと便器から独立しているタイプがあります。便器と一体化しているタイプのほうがトイレ内のスペースを節約できますが、便器から独立している手洗い器であっても奥行きが小さい小型のものを選べば十分設置可能です。
バリアフリーに対応する場合、車いすに乗ったままトイレに出入りすることや介助スペースも考慮に入れると幅は160〜180cm程度、奥行きは160〜180cm程度、一般的なサイズの約2倍の広さが必要になります。

トイレのサイズを決めるときの注意点

見落としがちなポイントですが、トイレのサイズを決める際には、出入口の開閉方法や開閉するためのスペース、掃除のしやすさなども考慮する必要があります。一般的に、住宅のトイレの出入り口には、手前に開くタイプの片開きドアが使われるため、トイレの個室とは反対側にドアが開閉するためのスペースが必要です。ドアを開閉するスペースが確保できない場合は、引戸を検討してみましょう。 バリアフリー対応のトイレの場合は、引戸や外開きのドアが採用されることが多くみられます。
また、掃除のしやすさを考慮することも大切です。掃除しながら体を動かすことを考えれば、必要最低限のサイズよりも広めに取っておいたほうが良いといえます。便器の掃除については、便器自体のサイズがコンパクトで、凹凸の少ないタンクレスのタイプが掃除がしやすいといえるでしょう。 さらに、トイレの中に掃除用具をしまう収納棚があると便利です。空間に余裕がある場合は、収納棚を設置することもおすすめです。

手洗い器のサイズ

トイレの設備には便器以外にも手洗い器や収納棚などがあります。
手洗い器には、便器と一体化しているタイプと便器から独立しているタイプがあります。便器から独立している手洗い器を設置したい場合、トイレ内部に30cm程度のスペースを確保する必要があります。手洗い器は種類が豊富でトイレサイズが1畳以下でも設置できるコンパクトタイプもあるため、自宅のトイレに設置できる手洗い器を探してみましょう。 カウンター付き手洗い器を設置すれば、さらに便利に使うことができます。

収納棚のサイズ

収納棚には、いろいろなタイプがあります。
タンクを覆うタイプの収納棚は、収納機能に加え、タンクや配管を隠してタンクレストイレのように仕上げられるので、すっきりとした印象になります。また、タンクや配管部分が表にないので掃除もしやすいです。水圧などの都合で、タンクレストイレを設置できない場合は検討してはいかがでしょうか。 手洗い器と一体化したタイプの収納棚は、パウダースペースとしても活用できるので来客の際などにも便利に使えます。

便器以外の便利な設備についても考慮しながら、商品選定し、後悔しないリフォームを実現しましょう。

トイレの
取扱いメーカー

よくある質問

  • トイレリフォームの予算は?

    選ぶ機種により大きく異なりますが、弊社でご注文いただく最も多い価格帯は10万円台〜30万円台となります。

  • トイレのリフォームはどれくらいの日数がかかりますか?

    サイズの変更などがなければ、基本的には1〜2日間で完了いたします。

  • トレイリフォームのタイミングは?

    弊社で最もトイレのリフォームが多い築年数は10〜20年です。
    便座やウォシュレットが壊れているなどのタイミングでリフォームされるお客様が多いです。

  • 工事中は家にいないといけませんか?

    必ずご在宅が必要な工事ではありません。もちろん未入居の建物でも施工可能です。

  • 実際のトイレは見られますか?

    メーカー各社のショールームがございますので、使い勝手や機能面、デザイン面など実際のトイレブースを見たり、サイズやお手入れのしやすさ等、体感しながら細かくプランニング可能です。

トイレリフォームの
「特設ページ」を見る

トイレリフォーム
お役立ち情報

トイレや
リフォーム全般に関してお困りの方は
お気軽にお問い合わせください

電話での来店予約・お問い合わせ

0120-47-1177