KNOWLEDGE

リフォームの⾖知識

2019.09.11

札幌市在住の方必見 玄関フードの効果と値段を教えちゃいます!

北海道でおなじみの「玄関フード」、かつては特に気温が低くなった時に玄関がなかなか開かないといったトラブルがあり、その対策に作られたと言われています。

 

玄関フードの正式な名前は「風除室」、外の冷たい風から玄関を守り、中の温かい空気が逃げてしまわないようにと作られました。

 

しかし、玄関フードの重要性はそれだけではありません。

 

今回は皆さんに玄関フードについてもっと詳しくなっていただこうと思います!

 

 

玄関フードの効果

玄関フードはドアを冷やさないという役割をもっています。

ドアに直接外気が当たるとドアが冷たくなり、玄関周りの温度を下げてしまいます。

ドアと壁の間から入る隙間風もまた室温を下げる原因になります。

 

それらの問題点を解決する優れものがこの玄関フードです。

この法則を応用すると、玄関に花粉やほこりが入ることを防ぐ効果も期待できます。

玄関ドア前の積雪や玄関の凍結、雪や雨風によるドアの劣化が促進しないといった効果もあります。

 

 

玄関フードの相場

玄関フードには4種類あり、形によって値段の相場が異なります。

 

*I型

I型玄関フードの相場は10~15万円です。

両側が壁になっており、合う形状の玄関は「奥まったタイプ」です。

玄関を覆う外壁にフィットするようにフードが設置されます。

工事自体にそれほど手間がかからないためもあって、リフォーム価格が他の3タイプに比べ安くなっています。

 

*外付けI型

外付けI型フードの相場は20万円前後です。

外壁に玄関を取り付けたようなタイプです。

玄関とドアが外壁と水平に設置されている形状にフィットします。

天井や横の壁面といった箇所が後付けの工事になるため値段が少し上がります。

 

*L型

L型の相場は20~30万円です。

家の角に玄関が位置していて、玄関が奥まった形状の場合にフィットします。

直角に面する2面のフィートを設置しなくてはなりません。

 

*C型

C型の相場は25~30万円以上です。

家の角に玄関が位置しており、さらに玄関・壁面どちらも奥まっている場合にフィットします。

壁面・正面両方のフードを設置する必要があります。

設置工事をする必要のある面積が広いほど工事価格は高くなります。

玄関フードにもカギを付けることで、セキュリティを高くできるのでおすすめです。

 

 

まとめ

玄関フードの重要性と効果、お分かりいただけたでしょうか?

さらに、価格の相場を確認することで、いくらくらいの玄関フードを購入するとご自身のお家に良いか分かったと思います。

住宅のリフォームや玄関フード取り付けについてお聞きしたいことがございましたら、当社にご相談ください。

心よりお待ちしております。

facebook

twitter

line