KNOWLEDGE

リフォームの⾖知識

2022.07.05

サイディングのカバー工法費用の目安は?プラスでかかる費用も確認!

こんにちは!札幌の戸建て・マンションリフォーム会社「リノベーション株式会社」です。

 

サイディングの「カバー工法」とは外壁リフォームの工法のひとつで、現在の外壁の上からサイディングを重ね張りする方法です。

今回のコラムでは、サイディングのカバー工法の費用について解説します。

 

サイディングのカバー工法を行う際の基本費用から、張り方やデザインによって費用が変わる部分などをご紹介!

サイディングのカバー工法のメリットやデメリットもお伝えしますので、あわせて押さえておきましょう。

 

 

サイディングのカバー工法の基本費用をチェック!

サイディングとは、外壁の仕上げ材として用いられる板状の建材です。

現在の外壁の上からこのサイディングを重ね張りしていく工法を「カバー工法」といいます。

 

一般的な一戸建てでサイディングのカバー工法を用いて外壁を張り直した場合、工事費用の目安は約110万円~220万円が相場です。

 

外壁工事には外壁材の材料費や施工費のほか、以下のような費用が含まれます。

  • 仮設足場
  • 胴縁取付け
  • 運搬費
  • 初期経費など

 

また、採用するサイディングの種類によっても費用は異なります。

 

外壁工事で用いられるサイディングは、素材の違う「金属系サイディング」「窯業系サイディング」「樹脂系サイディング」「木質系サイディング」の4種類があります。

カバー工法では外壁を重ねることで重たくなるのを防ぐため、軽い金属系、もしくは樹脂系のサイディングを用いることがほとんどです。

 

金属系サイディングで代表的なのは、ガルバリウム鋼板とアルミニウム合金です。

樹脂系サイディングも含めた3つの費用の目安は以下の通りになります。

 

種類 費用(1㎡あたり)
ガルバリウム鋼板 6,000円台
アルミニウム合金 11,000円台
樹脂系サイディング 6,000円台

 

このほかサイディングの種類以外にも、デザインなどの選択によって工事費用が変わってきます。

 

 

サイディングのカバー工法で費用が変わる要素とは?

板状のサイディングをどの向きに張るかによっても費用が異なります。

たとえば、板状のサイディングを縦に張る「縦張り」と横に張る「横張り」では、板の上下で支えながら作業をする「縦張り」の方が人手が必要なため、「横張り」よりも費用が高くなります。

 

先ほどガルバリウム鋼板の単価目安が6,000円台(1㎡あたり)とご紹介しましたが、縦張りの場合は12,000円台(1㎡あたり)程度になるケースもあります。

ただし「縦ハゼ張り」と呼ばれる、板金職人が自らガルバリウム鋼板を加工して張るケースでは、サイディングに断熱材と柄がないため、縦張りであっても費用が安くなります。

 

また、金属サイディングは表面に加工をしてデザインを施すことも可能です。

その際、深彫りで陰影や立体感のあるデザインにしたり、多彩な色や高耐久塗料を使って仕上げるほど費用が高くなります。

ガルバリウム鋼板の横張りでも、深彫り・遮熱フッ素塗料仕上げの場合は13,000円台(1㎡あたり)が目安となるでしょう。

 

なお、施工業者によって施工費用に差が出ることもあります。

おすすめなのは、施工管理者がいて自社でサイディングの仕入れや作業が直接できる業者です。

自社に職人がいなければ、作業は下請会社へ発注することになり、中間マージンが発生する分価格が高くなる可能性があります。

 

自社に職人がいればそういった中間マージンも発生しませんし、施工管理者が工事の進行管理や品質管理、アフターフォロー対応なども行ってくれるので、安心して作業を任せられるでしょう。

もちろん、費用だけで比較するのではなく、施工実績や口コミなどもチェックしたうえで選んでくださいね!

 

 

サイディングのカバー工法のメリット・デメリット、工程もチェック

サイディングのカバー工法のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

 

【メリット1】費用や工期を抑えられる

サイディングのカバー工法は、現在の外壁の上から新しい外壁を重ね張りする方法。

既存の外壁を解体・撤去・処分する必要がないので、その分、張り替えと比べて費用や工期を抑えられます。

 

サイディング張り替え工事にかかる費用については、「サイディング張り替え工事にかかる費用の相場は?タイミングも確認」で詳しくご紹介しています。

張り替えとカバー工法の費用も比較していますので、ぜひご覧ください!

 

【メリット2】防音性と断熱性が上がる

サイディングを重ね張りすることにより壁の厚みが増えるため、その分防音性や断熱性が少し向上するといわれています。

 

【デメリット1】壁内の状態を確認できない

通常、サイディングの張り替えでは現在の外壁を撤去する際に、下地の木材の傷みなども確認し、必要に応じて修繕を施します。

しかし、カバー工法では現在のサイディングを剥がすことはないので、内部の状態を確認できません。

もし、内部が傷んでいてそれが進行してきたとしたら、せっかく張った外壁を剥がして修繕することになってしまいます。

 

【デメリット2】建物が重たくなる

外壁を重ね張りする分、建物自体が重たくなり、耐震性に影響が出る可能性があります。

耐震基準を割り込むほど耐震性が低下することはほとんどありませんが、気になる方もいるでしょう。

なお、建物が極端に重たくなることを防ぐため、カバー工法では軽い金属系サイディングか樹脂系サイディングを選ぶことになります。

 

サイディングのカバー工法の工期は2~3週間程度が目安。

既存外壁のチェックをしてひび割れなどの補修をしたあと、足場を組んで、土台水切りや新しいサイディングを張るための胴縁(どうぶち)などを取り付けます。

胴縁に沿って新しいサイディングを貼り付けてコーキング処理を施し、コーキングが完全に乾燥したら完了です。

 

 

サイディングのカバー工法の費用は110万~220万円程度が目安

サイディングのカバー工法とは、既存の外壁の上から新しいサイディングを貼り付けていく工法。

元の外壁を解体、処分する手間がない分、張り替え工法と比較して費用や工期を抑えられ、工事費は110万~220万円程度が目安となります。

サイディングの種類やデザイン、張り方などによっても費用が異なり、人手が必要な縦張りや深彫りのデザインだと費用が高くなる可能性があります。

 

サイディングのカバー工法は工期や費用を抑えられるのがメリットで、外壁材を重ね張りするため、断熱性や遮音性が向上する可能性もあります。

しかし、その分建物自体が重たくなるので、耐震性への影響が気になる方もいるでしょう。

重さを軽減するために、サイディングの中でも軽めの金属系サイディングか樹脂系サイディングを採用することになります。

 

北海道で外壁リフォームをご検討されているなら、リノベーション株式会社へお気軽にお問合せください!

低価格・高品質をモットーに、受付からアフターサービスまで万全の体制を整えてご対応いたします。

facebook

twitter

line