KNOWLEDGE

リフォームの⾖知識

2022.04.15

外壁工事のサイディングの工程は?工事の種類や工期の目安も確認!

こんにちは!札幌の戸建て・マンションリフォーム会社「リノベーション株式会社」です。

 

外壁は家全体の寿命を縮めないようにし、安心して暮らせる家を維持するためにも重要な部分です。

 

外壁材のサイディングをリフォーム工事する場合、どんな工法や工程になるのでしょう?

工期の目安や、外壁リフォームが必要になるタイミングについてもご紹介します。

 

 

外壁工事のサイディングとは?種類や工法、工期の目安も確認!

サイディングとは外壁に貼る仕上げの板材のことで、サイディングボードとも呼ばれます。

耐水性や耐天候性に優れており、他の外壁材と比べると価格が安いなどの特徴があり、広く流通している外壁材です。

 

サイディングの表面にはセメントや砂、木材、塩化ビニル樹脂、トタンなどの金属といった素材が使用され、素材によってさまざまな種類があります。

サイディングの種類は建物の構造や、周辺の環境や気候などに合わせて選ばれます。

素材の風合いや色によって外壁の印象が大きく変わるため、外壁のデザインを楽しむことができますよ。

 

サイディングの素材だけでなく、工法にも種類があります。

工法は主に「張り替え工法」と「重ね張り(カバー)工法」の2つ。

 

張り替え工法では今ある外壁をすべて除去してサイディングボードを新たに張り直し、重ね張り工法では今の外壁の上からサイディングボードを重ねます。

 

今の外壁材の劣化がひどい場合には張り替え工法が必要となることが多く、工事費用が高く期間が長くなる傾向にあります。

 

外壁材の劣化がそこまでひどくなければ重ね張り工法で施工が可能ですが、外から見えない部分の腐食を発見できないまま外壁材で覆ってしまう可能性もあります。

 

ちなみにリノベーション株式会社では、一般住宅の外壁工事の工期は3〜4週間が目安となっています。

 

サイディングのリフォームの費用の目安やメリット・デメリットについては「外壁をサイディングにリフォームするポイントをご紹介!施工事例も」を合わせてご参照ください!

 

 

外壁工事のサイディングの工程は?張り替え・重ね張り工事の施工の流れ

サイディングの工事はどのような工程で進められるのでしょうか?

張り替え工事と重ね張り工事、それぞれのリフォームでの施工の流れをご紹介します。

 

張り替え工事

まずは張り替え工法の工程から見ていきましょう。

サイディングの張り替え工事の大まかな流れは、今ある外壁を撤去して内部の損傷などをチェックし、新しいサイディングボードを張り付けていくというものです。

ステップごとに解説します。

 

①足場の組み立て・養生

サイディングの工事は、高い場所でも作業できるように足場を組むことから始まります。

足場を設置することで、周囲に工事の汚れなどが付着しないようにする目的もあります。

 

足場を組むのに必要な期間は、家の大きさにもよりますが1日程度が必要です。

 

②既存の外壁を剥がす

足場が設置されたら、今ある外壁を剥がしていきます。

劣化した外壁を剥がすことで、外壁内部の損傷や腐食を調査していきます。

 

③外壁内部の確認と補修

外壁が劣化していると、雨や紫外線によるダメージで外壁内部が腐食している場合があります。

そのまま放置していると家の建材全体の腐食にも繋がりかねないので、ここで外壁内部をチェックして、必要があれば補修していきます。

 

補修が必要なくても、下地や断熱材などを補強したり、耐震補強を加える場合もあります。

 

④新しいサイディングを設置

サイディングを張り付ける準備として、室内に水が入るのを防ぐ「水切り」という外壁材を設置します。

サイディングの下に張り付ける透湿防水シートなどもこの時に取り付けていきます。

 

サイディングを張り付ける工程では、あらかじめカットしてサイズを調整したサイディングを順に設置していきます。

 

張り終わったらサイディングの間などにシーリング材を充填し、隙間を埋めていきます。

このシーリング(コーキング)処理で雨漏りを防止でき、建材の腐食も防ぐことができます。

 

⑤足場解体

完了検査をして不備がなければ、足場を解体して工事が仕上がります。

足場を解体するのも手作業ですので、組み立てた時と同じくらいの時間が必要です。

 

重ね張り工事

外壁の損傷が少ない場合は、重ね張り工法でも外壁リフォームが可能です。

重ね張りの工程も見ていきましょう。

 

①足場の組み立て・養生

重ね張り工法でも、最初に足場を組み立てます。

必要に合わせて養生をしていきます。

 

②破損した部分を補修

腐食やクラック(ひび割れ)があれば補修します。

被害がそれ以上大きくならないように施工していきます。

 

③サイディングを設置

新たにサイディングを張り付ける前の準備として、防水シートや水切りを設置していきます。

 

既存の外壁がモルタルなどの場合は、まずはサイディングを固定するための木材である「胴縁(どうぶち)」を取り付けます。

 

開口部の周りには「役物(やくもの)」という、開口部に合うよう特殊な形状をした部材を取り付けて、サイディングとの隙間から雨水が侵入しないようにしておきます。

 

ここまで下地ができたら、いよいよサイディングを順に張り付けていきます。

サイディング同士の間に隙間ができないよう、シーリング処理も行います。

 

④足場解体

完了検査をして、不備がなければ足場を解体して工事は終了となります。

 

 

外壁工事のサイディングでリフォーム工事が必要なタイミングは?

外壁のサイディングの寿命は、種類にもよりますが20年ほどだと言われています。

新築完成や前回サイディングの張り替えを行ってから20年が経ったら、張り替えなどリフォーム工事を検討しましょう。

 

ただし、20年が経っていなくても、外壁にチョーキング現象やひび割れ、浮きなどが見られる場合は劣化が進んでいるサインなので、張り替え工事をするのがおすすめです。

 

外壁の劣化を放置すると、紫外線などのダメージを受けやすくなって外壁の劣化がさらに進行してしまいます。

外壁の劣化は雨の水が侵入するおそれもあります。雨水が入ると建材の腐食にも繋がり、家全体の寿命を縮める可能性もあるため、ひび割れや浮きなどのサインが現れたら早めに業者に相談してみましょう。

 

外壁の張り替えは何年で?壁材ごとの違いや工期・費用面など詳しく!」では、張り替え工事の費用の目安や業者の選び方なども解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

 

 

外壁工事のサイディングの種類や工程をチェックしよう

安価で耐水性に優れた外壁材のサイディング。

サイディングにはさまざまな種類があり、工法も張り替え工法と重ね張り工法の2種類があります。

 

それぞれの工法の工程を知って、家の外壁の状態に合わせたリフォーム工事を施工してください。

 

サイディングの寿命は約20年ですが、チョーキング現象やひび割れ、浮きなど劣化のサインがあれば外壁リフォームを早めに検討するのがおすすめです。

 

北海道の外壁リフォームなら、リノベーション株式会社へお気軽にお問合せください!

低価格・高品質をモットーに、受付からアフターサービスまで万全の体制を整えてご対応いたします。

facebook

twitter

line