KNOWLEDGE

リフォームの⾖知識

2021.10.20

お風呂が寒いならリフォームのご検討を!失敗しないためのポイントも

こんにちは!札幌の戸建て・マンションリフォーム会社「リノベーション株式会社」です。

 

1日の疲れをリフレッシュできるお風呂は、家の中でもほっとくつろげる大切な空間です。

 

しかし、そのお風呂が寒いとなかなかゆっくりくつろぐことはできませんよね。

特に冬の寒い時期は入浴が億劫になってしまい、リフォームを検討している方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、お風呂が寒い場合のリフォームについて。

リフォームの方法や費用の目安、失敗しないためのポイントのほか、寒さの改善方法などもあわせてご紹介します。

お風呂にお湯をためる

 

 

まずはお風呂が寒い原因を知ろう!

ゆっくり温まる場所のお風呂のはずが、浴室に一歩入った瞬間「寒くて辛い…」という経験はないでしょうか?

 

お風呂は暖房機器がなく、断熱性能が低い場合が多いため、他の部屋にくらべて気温が低くなりやすい場所です。

 

また、築年数が経っている家の場合は、隙間から冷たい外気が入り込み、さらにお風呂が冷え切ってしまうのです。

 

寒いお風呂に入るのは体が辛いというのもありますが、気をつけたいのが「ヒートショック」という現象。

 

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い浴室へ行ったり、寒い浴室と暖かい湯船の中を行き来したりなど、急激な温度差の場所を移動することで血圧が急激に上下する現象です。

 

ヒートショックは心筋梗塞や脳卒中を引き起こし、湯船の中で意識を失って溺水してしまうなど、入浴中の事故の要因になっています。

 

このように、浴室の寒さは命の危険に結びつくこともあるため、お風呂の寒さを感じている方は寒さ対策を検討することをおすすめします。

 

 

寒いお風呂を暖かくするリフォーム方法をご紹介

綺麗な浴槽

寒いお風呂は、リフォームで改善することができます!

お風呂の暖かさをアップする、主なリフォーム方法をご紹介します。

 

①在来工法からユニットバスへリフォーム

費用目安:90〜100万円

 

築年数の経っている住宅は、床や壁、天井などの素材を組み合わせる「在来工法」で浴室が作られています。

 

しかし、在来工法は隙間が多いため、浴槽や床、壁、天井が一体化している「ユニットバス」に比べて断熱効果が低くなってしまいます。

 

浴室が在来工法の場合は、ユニットバスへリフォームすることで断熱性も保温性も向上しますよ。

 

②断熱リフォーム

費用目安:1㎡あたり4,000~8,000円前後(内窓の取り付けは約6万円~)

 

断熱材を取り入れることで、浴室の暖かさが向上します。

浴室で断熱材を入れる場合は壁だけでなく、床や天井、窓などに施工することが可能です。

 

また、窓がある浴室は内窓を取り付けることでより断熱効果が高まりますよ。

 

③浴室暖房乾燥機の設置

費用目安:12〜20万円前後

 

浴室専用の暖房を設置するという方法もあります。

天井に付けるタイプや壁掛けタイプなど、形状もさまざまです。

 

最近は、ミストサウナ機能や衣類乾燥機能などの便利な機能を備えた浴室暖房が登場していますので、浴室を特別な空間にしたいという方にもおすすめです。

 

 

寒いお風呂のリフォームで失敗しないためのポイントや注意点

御見積書

お風呂のリフォームは高額なため、失敗は避けたいものですね。

失敗しないためのポイントと注意点について見ていきましょう。

 

複数社を比較検討する

お風呂のリフォームは、業者によって工法や費用が異なるため、複数社に見積もりを出してもらい、比較検討しましょう。

 

その際には施工実績なども確認し、信頼できる優良な業者かどうか見極めることが重要です。

 

マンションの場合は管理規約を確認する

マンションにお住まいの場合は、管理規約でリフォーム内容や工事の時間帯などが決まっている場合があります。

 

リフォームの前にマンションの管理規約をしっかり確認し、トラブルにならないよう気をつけましょう。

 

将来の家族構成を視野に入れる

一般的に浴室の寿命は15〜20年程度です。

そのため、リフォームする際は「今」だけではなく、将来を見据えて行う必要があります。

 

足腰に不安があるご家族がいらっしゃる場合はもちろんのこと、将来の家族構成も視野に入れて検討しましょう。

浴槽の高さを低くしたりスロープをつけたりと、バリアフリーも意識してリフォームを行うのがおすすめです。

 

 

リフォーム以外でお風呂の寒さを改善する方法

シャワー

タイミングなどが合わず、すぐにお風呂のリフォームができない場合は、リフォーム以外で寒さ対策を行うのも1つの方法です。

 

お湯の蒸気で浴室を暖める

浴槽のお湯をためる際に蓋を開けたまま溜めたり、入浴前に壁や床にシャワーで熱いお湯をかけたりすることで、蒸気で浴室を暖めることができます。

 

ただし、カビが発生しやすくなるため、入浴後は換気を徹底しましょう。

 

脱衣室に暖房器具を置く

脱衣室にヒーターなど暖房器具を置いて暖めます。

 

この際、浴室の扉を開けた状態にすることで、脱衣室と浴室を暖めることができるので、気温の急激な変化を防ぐことができます。

 

寒さ対策アイテムを使用する

床に敷くお風呂用のマットや窓に貼る断熱シートなど、寒さを軽減する便利アイテムも活用してみましょう。

 

 

寒いお風呂はリフォームで改善できる!

お風呂は暖房機器がなく、断熱性能が低い場合が多いため、他の部屋にくらべて気温が低くなりやすい場所です。

築年数が経っている家の場合は、隙間から冷たい外気が入り込み、さらにお風呂が冷え切ってしまうため、急激な温度差によるヒートショックが起こりやすくなります。

 

寒いお風呂は、在来工法からユニットバスに変更したり、浴室に断熱材を入れたり、浴室暖房乾燥機を設置したりと、リフォームで改善することができます。

 

お風呂のリフォームを失敗しないためには、数社に見積もりを出してもらい、比較検討することも大切。

工法や価格、施工実績などをしっかり確認し、信頼できる優良な業者を見つけましょう。

 

北海道のお風呂リフォームなら、リノベーション株式会社にもお気軽にお問い合わせください!

 

facebook

twitter

line